どんぐり(女優)は病気だから顔が怖い?出演CMもインパクト抜群!

女性芸能人

この記事を開いたということは、女優どんぐりさんを見て、あまりにも個性的な顔立ちに、驚きを感じられたということでしょう。

浮世離れした顔に、何か怖い病気が原因なの? こういった意見も見受けられます。

果たしてどんぐりさんの個性的な顔は、病気か何かと関係があるのでしょうか?

そして、その個性を活かした出演CMも紹介していきます。

 

スポンサーリンク

どんぐり(女優)の顔は病気が原因?

 

女優であるどんぐりさんに対して、ネット上では

「顔が怖いけど病気か?」

「あの顔はダウン症じゃないの?」

 

という意見が少なくありません。

調べてみたら、特に病気という情報はありませんでした

ということは、どんぐりさんのお顔はやはり個性ということになります。

 

どんぐりさん自身も、自分の顔にはコンプレックスがあったみたいです。

しかし落語などの芸能活動を通じて、逆に自分にしかない個性だと捉えて、その顔を武器に人生を歩んでいきました。

実際「カメラを止めるな!」で出演時間が短くても、かなり強い印象を残していますからね。

この前向きな姿勢は感心させられます。

 

スポンサーリンク

どんぐり(女優)の顔はどこが怖い?

では具体的に、どんぐりさんの顔のどこが怖いと思われているのでしょうか

 

 

まずはですね。 目の大きさが非常に小さく、また白目の部分もないんじゃないかぐらいに少ないです。

そこがダウン症などと言われる所以でしょうか。

実際のどんぐりさんは、かなり頭脳明晰に思えるのですが…。

 

また、目と眉毛の間が異常に広いですね。

鼻の長さと同じくらいあるのではないでしょうか?

さらにおでこの部分も相当広く感じます。

失礼な話しですが、よくある捕らわれた宇宙人のイラストにも似ています。

 

 

このように、少々人間離れした顔のバランスが、どんぐりさんを怖いと言わせてしまうのでしょう。

しかし、どんぐりさんの経歴を追ってみると、とても人間味あふれる人だなあと思いますね。

 

スポンサーリンク

どんぐり(女優)の出演CMを紹介!

NEXON「FAITH-フェイス」でチョイ役

ゲームFAITHのCMにて、新井浩文さんと三浦春馬さんが食堂で、「目玉焼きにかけるのはしょう油かソースか」を言い争っています。

その後ろで、食堂のオバサン役で出ているのがどんぐりさんです。

本当にエキストラ並みのチョイ役なのですが、どんぐりさんだとわかると、途端に目が奪われてしまうのが凄いことだと思います。

 

J:COMで「カメラを止めるな!」キャストで座談会

どんぐりさんが出演し、ブレイクした映画が「カメラを止めるな!」です。

そのキャストが集結し、座談会を開いているというJ:COMのCMで、どんぐりさんは司会者役で出ています。

カメラに写っている時間はほんの一瞬なのですが、やはり存在感が半端ありません。

「カメラを止めるな!」を観てない人も、どんぐりさんで興味をそそられるのではないでしょうか。

 

カオナビで女社長役に

クラウド人材マネジメントツール「カオナビ」のウェブCMにて、どんぐりさんは女社長役で出演しています。

目的の社員を名前で呼べず「そこのキミ!」「○○のキミ!」とキミとしか呼べない経営者を演じています。

こんな経営者、確かにいそうと思ってしまうと同時に、どこにもいなさそうなインパクトも持ち合わせていますね。

 

どんぐりさん、なかなかはまり役ではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

どんぐり(女優)病気と顔のまとめ

どんぐりさんの顔は、病気ではなくひとつの個性だということがわかりました。

自分の顔にコンプレックスを感じながらも、逆に武器にして前向きに進んでいるどんぐりさん。

はじめの顔のインパクトとは裏腹に、知れば知るほど好感度が上がっていきます。

まだまだ女優どんぐりさん、快進撃は続きそうです。

 

タイトルとURLをコピーしました