楢崎智亜の身長はどのくらいある?Wiki風プロフィールも!

スポーツ

2020年東京オリンピックの種目になったスポーツクライミング競技で、楢崎智亜さんが日本代表選手に内定しました。

しかも世界選手権の複合種目で優勝という快挙でです。

 

がっしりした体格の楢崎智亜さん、身長はどのくらいあるのでしょうね?

プロフィールと合わせて紹介していきます。

スポンサーリンク

楢崎智亜の身長は

楢崎智亜さんの身長は

170cm

それほど大きくはありません。

もっと大きく見えます。

やはり体格の素晴らしさが故でしょうか。

 

スポンサーリンク

楢崎智亜の身長はボルダリングで有利か?

 

この投稿をInstagramで見る

 

I attended the special event that Olympic Official Timekeeper “Omega” launched Tokyo 2020 limited edition watch. This time, there are 5 Olympic colors (Red, Blue, Green, Black, Yellow) and limited sale of 2020 each. I could wear one of them, it gave me a confidence. Other athletes who attended with me were Eri Tosaka(Rio Olympic Gold medalist for wrestling), Kotaro Matsushima(Rugby player), Koki Ogawa(Soccer player), Takeshi Matsuda(Ex-Swimmer). I was able to hear their thoughts on the Olympic Games, I would like to make every day, every minute, every second count!! オリンピックのオフィシャルタイムキーパーのOMAGAの東京2020限定モデル発表イベントに出席してきました。 今回はオリンピックカラー、赤、青、緑、黒、黄の5色展開で日本で各2020本の限定発売。実際に限定モデルを着けることができ、アスリートとして自信になりました。一緒に登壇したのはレスリングのリオ五輪金メダリスト登坂絵莉選手、ラグビーの松島幸太朗選手、サッカーの小川航基選手、そして元競泳選手の松田丈志さんです。五輪にかける色々な思いも聞けてあと2年、1日1日、1分1秒大切にしていこうと思います! @thenorthfacejp #teamau @rockmasterhq @fiveten_official #brandofthebrave @haleo_official #アイディホーム

Tomoa Narasaki/楢崎智亜さん(@tomoa_narasaki)がシェアした投稿 –

楢崎智亜は選手の中では背が低い方

スポーツクライミングは180cm以上の選手が世界中にいますので、楢崎智亜さんは背が低い方に入ると思います。

競技をする上ではリーチの長い、つまり背が高い選手の方が、思ったところに手が届きやすく有利に思えますが、必ずしもそうではありません。

 

身長が高い選手は体重がどうしても重くなるために、自分の体重を支えるには不利になります。

また身長が低い選手の方が、身体を上手く畳みやすく狭いところに入り込みやすいですね。

スポーツクライミングでは、決して背が高い選手が有利というわけではなさそうです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

I was 2nd place at Bouldering World Cup in Hachioji. Again. I regret that I was determined to win this year…but after I couldn’t make 1st,2nd,3rd problems at the final, I sent the last problem with FLASHED!!! AMAZING!!! I could believe in myself to the end. • Even I did Flashed, @gabrimoroni made his winning with his first try. It was great, truly. Congratulations!! I’m still in a state of excitement, but heading to USA for next World Cup in Vail. • World Cup in Japan made me regained confidence,the best problems, the setter team, sponsors, and the audience who supported it all…Thank you very much!! • • 第5戦八王子大会、昨年と同じく2位でした。優勝すると宣言していただけにとても悔しいです。 しかし、決勝1.2.3課題を登れない中での最終課題1撃は最高に気持ちよかった。あの状況で、最後まで自分を信じ切ることが出来た。 そして、その流れの中で最後1撃で優勝を決めたガブリ、完敗です。本当におめでとう! まだ興奮が覚めませんが、これから第6戦WORLDCUPアメリカに行ってきます。 自信を取り戻させてくれた日本でのWORLDCUP、最高の課題とセッター、そしてそれを後押ししてくれた観客のみなさん、ありがとうございました。 • • photo by @climbersjp @thenorthfacejp #teamau @rockmasterhq @fiveten_official #brandofthebrave @haleo_official #アイディホーム @frictionlabs

Tomoa Narasaki/楢崎智亜さん(@tomoa_narasaki)がシェアした投稿 –

楢崎智亜の戦歴をふりかえる

東京オリンピックでのスポーツクライミングの競技は3種目。

リード

ボルダリング

スピード

になり、3種目の複合で順位が決まります。

 

ここで楢崎智亜さんの戦歴を見てみましょう。

2016年9月世界選手権フランス大会ではボルダリングで1位。

オリンピックが内定した2019年8月世界選手権日本大会でも、ボルダリングで1位を獲得。

しかしリードで4位、スピードだと22位という成績です。

複合で優勝はしましたが、楢崎智亜さんはボルダリングが得意で、スピードはそうでもなさそうです。

 

ワールドカップにおいても、ボルダリングでは2019年に年間総合優勝を果たすなど、やはりボルダリングを得意としていることがわかります。

速さを競うスピードだと、身長とリーチの長さが影響しやすいですが、ボルダリングだと身長の差が出にくいですからね。

楢崎智亜さんだけでなく、ボルダリングを得意にしている日本人選手は多いです。

 

スポンサーリンク

楢崎智亜のWiki風プロフィールを紹介!

 

この投稿をInstagramで見る

 

CHECK IT OUT! ———————— @gqjapan

Tomoa Narasaki/楢崎智亜さん(@tomoa_narasaki)がシェアした投稿 –


楢崎智亜のプロフィール

名前:楢﨑智亜(ならさき ともあ)

生年月日:1996年6月22日

出身地:栃木県

身長:170cm

体重:60kg

趣味:釣り

競技:スポーツクライミング

所属:TEAM-au

 

楢崎智亜さんがスポーツクライミングを始めたのは10歳の頃。

それまでは器械体操を行っていたのですが、お兄さんの勧めでスポーツクライミングの素晴らしさに目覚めました。

 

クライミングジムに通いだし、それからはみるみるうちに頭角を現していきます。

器械体操で培ったバランスの良さが、スポーツクライミングに生かされていますね。

楢崎智亜さんは、高校卒業後にプロに転向しています。

合わせて読みたい⇒楢崎智亜の出身中学や高校は?父親が医者って本当?

 

スポンサーリンク

楢崎智亜の身長まとめ


楢崎智亜さんの身長は170cmと、決して高くはありません。

しかしスポーツクライミング、特にボルダリングにおいては、身長はあまり関係ないことがわかりました。

何よりも大会の実績が、全てを物語っています。

東京オリンピックのスポーツクライミング、楽しみになってきました。

合わせて読みたい⇒楢崎智亜の筋肉が凄いと話題に!トレーニング方法や体脂肪率は?

 

タイトルとURLをコピーしました