夏用マスクの作り方を紹介!おすすめ動画をまとめてみた!

ニュース

暑くなるにつれて、段々とマスクをつけるのも息苦しくなってきました。

夏用マスクが欲しくなってきますが、何を買っていいか、店頭に置いてあるかどうかもわかりませんよね。

 

こうなったら自分で夏用マスクを手作りしたいものです。

夏用マスクの作り方と、おすすめ動画をまとめて紹介します。

 

スポンサーリンク

折るだけ夏用マスクの作り方

生地を切ったり縫ったりする必要がないので、非常に簡単に作れる夏用マスクになります。

 

材料

●何度も使えるマスク
・生地(30~40cm)
・ゴム紐
・両面テープ
・あるならアイロン
●しっかり目のマスク
・生地(50~55cm)
・ゴム紐
・あるならアイロン

 

 

作り方の概要

①プリーツを作るために生地を折り返す

②折った生地の左右を折り曲げる

③輪っか状にしたゴム紐を引っかけ完成!

 

裁縫などやったことないとか、苦手な人にはおすすめですね。

 

スポンサーリンク

プリーツタイプ夏用マスクの作り方

使い捨てマスクのような、プリーツタイプでの夏用マスクの作り方になります。

 

材料

・生地(表地18×22cm
動画では手ぬぐい)
・生地(裏地18×16.5cm
動画ではサラサラしらTシャツ)
・ゴム紐(動画ではTシャツから取ってる)
・厚紙
・ミシン(手縫いでも良い)
・はさみ
・クリップ

 

 

作り方の概要

①手ぬぐいとTシャツを合わせ上下を縫っていく

②表に返してプリーツをつくる

③両端を縫ってプリーツを固定

④端を折ってまた縫い、そこからゴム紐を通す

⑤ゴム紐の長さを調整して完成!

 

平面に縫う夏用マスクなので、そこまで難易度は高くないでしょう。

プリーツをつくるところが、生地によっては柔らかく大変かもしれません。

 

スポンサーリンク

立体夏用マスクの作り方

暑さで顔面に付きにくい、立体型の夏用マスクの作り方になります。

 

材料

・生地(表地と裏地20~31cm位)
・はさみ
・マジック
・定規
・厚紙
・20cm位のお皿
・ミシン(手縫いでも良い)
・ゴム紐

 

 

作り方の概要

①型紙を作り、それに合わせて表地と裏地を2枚ずつ切る

②表地2枚を重ねてカーブした部分を縫い、裏地も同様にする

③表地と裏地を重ねて、上下の部分を縫い合わせる

④縫い合わせたモノをひっくり返す

⑤端を折ってまた縫い、そこからゴム紐を通す

⑥ゴム紐の長さを調整して完成!

 

立体のマスクを作るだけに、難易度は高めです。

注意点は、上下がわかるように印をつけておくことでしょうか。

 

スポンサーリンク

夏用マスクの手作りにおすすめの生地は?

 

夏用マスクも難易度の高さによって、色々と手作り出来そうです。

後は生地の素材選びでしょう。

夏用マスクに合う生地は

 

・汗や湿気をよく吸う

・速く乾きやすい

・通気性が抜群

・接触冷感

 

この要素のある素材がおすすめですね。

具体的にどんな生地があるかといえば、こちらの記事に詳しく取り上げているのでどうぞ。

↓合わせて読みたい↓

⇒夏用マスクのおすすめは?涼しい生地・素材を紹介!

タイトルとURLをコピーしました