新学期が9月のメリットとデメリットは?誕生日による学年分けは?

ニュース

新型コロナウイルスの影響で、休校が長引いています。

先が見えないなか、いっそ夏休みまで休校にして、新学期を9月にすればという案が浮上しています。

 

そこで今回は新学期を9月にするメリットとデメリットを調査。

もし新学期が9月になった場合に、誕生日による学年分けはどうなるのかも、考えてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

新学期が9月のメリットは?


新学期が9月になった場合のメリットはこの5つです。

・新型コロナの影響による休校を夏休みまで延長できる

・休校になった日数がカウントされず、新学年で1年過ごすことができる

・休校の影響で広がりそうな、学力の格差に対応できる

・入試の時期が春~初夏になるので雪や感染症のリスクが減る

・海外留学のタイミングが合いやすくなる

 

まだまだ新型コロナが収束する気配がない現在において、失った勉強の時間や機会を取り戻そうとしても無理があります。

 

また国際社会に合わせるため、以前から多くの国が採用している、新学期を9月にする案はありました。

それによって外国に留学したり、逆に外国からの留学生が日本に来やすくなるでしょう。

 

これを機会に変えてもいいのでは、という意見が何人かの先生や自治体の長から寄せられているようです。

宮城県の村井知事や東京都の小池都知事も、そのような旨を公表しています。

 

何か新しい風が吹いている感じがしますね。

 

スポンサーリンク

新学期が9月のデメリットは?


新学期が9月になった場合のデメリットはこの5つになります。

・9月になっても新型コロナの影響で学校再開できるかわからない

・教育現場が混乱しそう

・就職活動や就職の時期が変わり、タイミングが合わない

・半年分の学費の負担が増える

・システムや手続きの変更に時間がかかる

 

 

新型コロナが9月で収束する保障はどこにもありません。

仮に新学期が9月になっても、それ以降も休校になったら意味がないどころか、ますます教育現場や家庭を混乱させてしまいます。

 

それに幼稚園から大学まで、全ての教育機関のシステムを変える必要があります。

何よりも卒業生が働くことになる企業や会社なども、入社時期や年度の区切りを変えなくてはいけません。

 

想像以上に、社会全体を巻き込むことになるでしょう。

 

スポンサーリンク

新学期が9月で誕生日による学年分けはどうなる?


新学期が9月になったら、誕生日による学年分けの基準が変わるでしょう。

現在は、4月2日から翌4月1日生まれが、同じ学年ということになっています。

 

なので、新学期が9月になれば9月2日から翌9月1日生まれで、学年分けがされるのではないでしょうか。

ただそうなったら、同学年だった9月以前と以降の子で分けられ、別の学年になるということが考えられます。

 

 

しかし誕生日を4月で分けながら、新学期を9月というのも、ややこしくなります。

難しい問題ですね。

 

スポンサーリンク

新学期が9月でネットの反応は?

 

スポンサーリンク

新学期が9月のメリットとデメリットのまとめ

休校が長引く対応策としての9月新学期でしょうが、思わぬメリットも存在しました。

しかしいざ実現させようとすると、かなり面倒で難しい問題が山積みなのがわかります。

新型コロナの対策だけでも大変なのに、新学期を9月にすることは厳しいでしょう。

ただ教育をどう進めていったらいいかを考えるには、いい機会かもしれませんね。

 

合わせて読みたい

給付金の申請書は転送出来る?郵便なら転居届が有効か!

原価マスクが買えない!トリニティは再販するの?

タイトルとURLをコピーしました