原価マスクが買えない!トリニティは再販するの?

ニュース

トリニティから発売された『原価マスク』が話題になっています。

しかし話題になってるくらいなので、ネットでは買えない、繋がらないという声が多数出てきています。

 

案の定アクセスが集中し、販売初日からサーバーがダウンして、受注を一時停止する事態になりました。

そこで今回は、トリニティ『原価マスク』の再販はどうなるのかを調査しました。

 

スポンサーリンク

原価マスクが買えない!繋がらないの声が多数!


転売によるマスク不足を解消するべく、原価をパッケージに表示させた『原価マスク』。

高値で取引されるマスクが多い中、原価を公表していて、販売会社のトリニティは良心的ですよね。

 

原価マスクは1箱50枚入り2176円(税込み、送料別)で販売されました。

ウェブサイトから購入し、1回の注文で1人4箱(200枚)までで、購入後7日間は再購入出来ません

 

 

しかし、いざ購入しようとしても購入ページに入らない、決済ページもエラー表示されるなど、原価マスクが買えないなどの声があがっています。

 

「現在、アクセスが集中しております。
しばらく経ってからアクセスしてください。」

との表示ばかり。

 

アクセスが殺到してサーバーがダウンしたため、結局販売を一時見合わせることになりました。

マスクを皆に届けたいという意思は素晴らしいですが、やはりこういう結果になってしまうのですね。

 

スポンサーリンク

原価マスクを買えた人はいる?

アクセスが集中したトリニティのサイトでしたが、中には原価マスクを購入出来た人もいるみたいです。

諦めずに何度も繋がるようにチャレンジ。

リロードを繰り返すというケースが多いようです。

 

スポンサーリンク

原価マスクの再販はどうなる?

トリニティは、再度マスクの手配をして、改めて受注再開をすると発表しています。

 

原価マスクが再販されるときは、先着順ではなく抽選になるかもしれません。

 

先ほどマスクを販売したシャープも、サーバーがパンク。

これを受けて抽選販売に切り替えましたからね。

いつ頃再販されるかは、まだ明言されていません。

トリニティのサイトには、「すぐに次の手配をいたしますが、おおよそ2週間程の期間をいただきます」と記されていました。

再販は5月になってしまう可能性がありますね。

 

ちなみにこの原価マスクは中国製なんだそうです。

シャープのような国産でもないのに、再販を待ってるのもどうかと思います。

今はマスクの在庫も出てきているので、他のネット通販で買うこともありではないでしょうか。

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました