高尾日歌のプロフィールと経歴を紹介!仮面ライダープリティ電王

女優

仮面ライダー電王が10年ぶりに帰ってきます!

「仮面ライダー電王 プリティ電王とうじょう!」というタイトルで、東映まんがまつりに再来。

主人公はアンナという10歳の少女ということですが、そのアンナを演じるのが高尾日歌さんという子役です。

そこで気になる、高尾日歌さんのwikiプロフィールと、経歴や出演作品を紹介します。

 

スポンサーリンク

仮面ライダー電王に出演の高尾日歌のプロフィール!

 

出典:http://catalog.oscarpro.co.jp/PcSearch/talent_detail/Talent/talent_search_result_list/1000029490/

高尾日歌はなんて読む?

高尾日歌さんの名前ですが、なんて読むかわかりましたか?

「ひうた?」「にっか?」

いいえ

たかお ひなた

と読みます。

ちょっとわかりずらかったですが、高尾日歌さんの印象に合った、明るく素敵な名前だと思います。

 

高尾日歌の年齢

高尾日歌さんの生年月日は

2010年8月28日

2020年3月時点で9歳ということになります。

仮面ライダー電王で演じるアンナと、ちょうどおなじくらいですね。

 

高尾日歌の身長は?

高尾日歌さんの身長は2020年3月時点で

133cm になります。

こちらは9歳女子の平均身長とほぼ同じですね。

もちろんこれから成長期でしょうから、どんどん背が伸びていくことでしょう。

 

高尾日歌の出身地と事務所は?

高尾日歌さんの出身地は東京都です。

所属事務所は東京でしょうから、芸能活動をしている高尾日歌さんにとって、移動の手間ひまがないのは嬉しいことでしょう。

 

では高尾日歌さんの所属事務所はどこかというと

オスカープロモーション

こちらの子ども部に所属しています。

 

フィギュアスケート本田姉妹の本田紗来さんも在籍。

オスカープロモーションの一般の部では、米倉涼子さんや上戸彩さんなど、多数の有名芸能人を抱えた事務所です。

 


 

高尾日歌の趣味と特技

高尾日歌さんの趣味は、工作と料理とメイク

手に職を持つタイプなのでしょうか。

 

特技は、ピアノとドラムとブリッジ回転

音楽にも精通しているようで、ピアノはともかくドラムを叩く子はなかなかいなさそうです。

ブリッジ回転も得意ということは、身体能力も高そうですね。

 

スポンサーリンク

高尾日歌の経歴と出演作品を紹介

 

高尾日歌の出演CM

高尾日歌さんは主にモデルとして活躍されていますね。

場に溶け込んでいながら、光るものを感じさせます。

 

セイバン 「ENJOY!ランドセル」

 

歌のお兄さんこと横山だいすけさんとの共演。

高尾日歌さんは、とても楽しそうに踊っていて好印象ですね。

 

セガトイズ 「Princesspod」

 

こちらのCMが、1番高尾日歌さんメインですね。

夢見る一般の女の子と、お姫様に変身した姿と、どちらもお似合いです。

 

ネスレ日本株式会社 「キットカット」

 

昭和の時代に放送されていた「できるかな」を現代風にアレンジ。

三つ編みの子が高尾日歌さんですかね。

笑顔がCMのワクワク感と合っていると思います。

 

高尾日歌の掲載雑誌

雑誌では

新潮社 「ニコ☆プチ」ニコ☆プチKIDS」

いわゆる小学生向けのファッション雑誌ですね。

大人向けのファッション誌にも登場しました。

光文社 「STORY(2020年4月号)」

 

スポンサーリンク

仮面ライダー電王「プリティ電王」の主人公アンナとは?


高尾日歌が演じる、仮面ライダー電王「プリティ電王」の主人公アンナは10歳の女の子。

アンナはママとケンカして家を飛び出してしまいます。

そしてなぜかショッカーに追われデンライナーに乗ることに…。

 

デンライナーは、仮面ライダーのバイク代わりの乗り物で、電車タイプなので子どもも乗れてしまいます。

デンライナーは時間を越える乗り物で、アンナが着いた先は平成元年でした。

 

オリジナルの仮面ライダー電王の人気キャラクターである味方イマジンも登場します。

モモタロス
ウラタロス
キンタロス
リュウタロス

これらの味方イマジンは、主人公に憑依し力を貸していました。

特にモモタロスは「俺、参上!」のセリフと共に、1番の人気を持っていました。

 


味方イマジンが、アンナとどう関わるか楽しみですね。

「プリティ電王」というサブタイトルがあるので、もしや…?

アンナ役の高尾日歌さんに期待しましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました